【ACL】FC東京「普段通りのサッカー」で北京国安を討つ! 6日決勝T1回戦

2020年12月04日 20時27分

FC東京・長谷川監督

 J1・FC東京が〝オレたちのサッカー〟で打倒・多国籍軍団を狙う。

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で1次リーグを突破したFC東京は、6日に決勝トーナメント1回戦の北京国安(中国)戦に臨む。

 北京国安はブラジル代表で主力として活躍したMFレナト・アウグスト(32)のほか帰化選手も多く、スタメンの半数以上を外国出身選手が占めることもあり、アジアのレベルを超越した強敵だ。

 長谷川健太監督(55)は対策について「帰化選手を含めれば非常に多くの外国人選手がいるチーム。その中でもレナト・アウグストが中心なのは間違いない」と警戒を強めつつも「普段通りのサッカーがやれれば。彼を抑えるからといって、我々の組織が埋もれてしまったらどうにもならない。我々の戦い方をしっかり継続することが重要になる」と相手に合わせるのではなく、FC東京が築いてきたサッカーを貫く構えを強調する。

「押し込まれる時間もあると思うが、そこは我々の持っているストロングポイントである組織力、チーム力、ハードワークを生かして戦っていければ」と持ち前の武器を発揮して難敵を撃破する覚悟だ。

 悲願のアジア制覇へ、FC東京のサッカーを存分に披露する。