【J1】カズ4戦ぶり勝利に貢献! イニエスタとの〝直接対決〟は残り3分で衝撃決着

2020年11月08日 18時44分

同じピッチに立ったイニエスタ(左)とカズ

 絶賛の嵐! J1横浜FCは8日に神戸(ニッパツ)と対戦。カズこと元日本代表FW三浦知良(53)が後半42分からピッチに立つと、同46分にMF安永玲央(19)が値千金の勝ち越しゴールを決め、2―1で勝利を収めた。

 9月23日の川崎戦(等々力)以来の出場となったカズは、自身が持つJ1最年長出場記録を53歳8か月13日に更新。元ブラジル代表MFジーコ氏(67)が持つJ1史上最年長得点記録(41歳3か月12日)は更新することができなかったものの、下平隆宏監督(48)は「カズさんが入ることで、スタジアムの雰囲気も含めて自分たちに持ってこれるのではと思っていた」と高評価。実際にレジェンドの投入で流れが一変し、チーム4試合ぶりの白星を飾った。

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)もフル出場し、スター同士の共演が実現。試合後には「日本を象徴するような選手と同じピッチに立てたのは光栄。53歳になってもプレーできる秘訣は知りたいくらいだし、脱帽の思いです」と褒めたたえた。

 ネット上でも「かっこよすぎな三浦カズ」や「ハングリーさがすごい」など賛辞の声であふれている。また1つ新たな歴史を刻んだカズ。次はどんな快挙を成し遂げてくれるのだろうか。