Jリーグ 30日からアウェーチームのサポーター席設置OKに

2020年09月24日 21時24分

 Jリーグは24日、クラブ代表者による臨時の実行委員会を開き、各クラブの判断で30日からアウェーチームのサポーター席設置を認めることを確認した。

 30日から観客数の上限をスタジアムの収容数にかかわらず、50%に引き上げられ、ホームスタジアムの収容人数が多いクラブが上限を現状の30%に据え置く場合、アウェーチームのサポーター用の席を設けることを可能とした。

 Jリーグは10月30日までに全クラブが入場数を上限50%とし、アウェー席を設けることを求める方針だ。また、スタジアム内でのアルコール類の販売は、当面見送られることとなった。