計12年間で2239億円 JリーグがDAZNとの契約延長を2年延長

2020年08月25日 20時38分

オンライン会見を行った村井チェアマン

 Jリーグとスポーツ動画配信大手DAZNが25日、従来の契約を2年延長して2017年から28年までの12年2239億円の契約を締結した。

 これまでは17年から26年までの10年契約で約2100億円にレベニューシェア(成功報酬型)という内容だったが、契約期間を2年延長して全体の契約総額を見直した上で新たなレベニューシェアのルールを導入することになった。

 両者は共同で会見を開き、Jリーグの村井満チェアマン(61)は「新型コロナウイルスが拡大する兆候が見えた第2節から中断を余儀なくされたが、この状況からJリーグとDAZNはともに迅速に計画修正の議論をずっと続けてきた」と説明。DAZNグループのジェームズ・ラシュトンCEO(41)は「私たちはまた新たな歴史を刻んだ。両者の成功を作り上げていくものとなる。関係がさらに強固となったことを非常にうれしく思う」と語った。

 JリーグとDAZNは強固なタッグを組んで今後も二人三脚を続けていくことになる。