柏 2年ぶりのJ1復帰で2011年以来の昇格即Vへ

2020年01月15日 16時30分

新体制を発表した「柏レイソル」

 ミラクル優勝の再現なるか。2年ぶりにJ1へ復帰した柏が台風の目になりそうだ。

 昨季1試合8得点のJリーグ記録を樹立し、欧州クラブへの移籍が噂されていたケニア代表FWオルンガ(25)と、日本代表GK中村航輔(24)の残留がほぼ確実になった。さらに韓国代表GK金承奎(キム・スンギュ=29)など13人の新戦力獲得にも成功。新チーム編成は満点補強となった。

 ネルシーニョ監督(69)も新体制発表会(14日)で「1年間戦える戦力が補強できました。1年を通して彼らの活躍を期待したいです」と手応えを口にする。新加入の金は「以前(柏と)戦ったときも手ごわい感じはあった。十分に優勝を狙える」と力を込め、チーム関係者も「優勝できるだけの戦力があると思う」と期待した。

 2011年シーズンには、J2から昇格初年度にJ1制覇を果たし“ミラクル優勝”と言われた。怪物ストライカーのオルンガを中心とした新チームが、再びJ1の舞台で旋風を巻き起こしそうだ。