【ノア】カシンの大失態により「野獣・藤田和之」が復活 「すみません。僕のせいです」

2022年04月08日 22時03分

カシン(右)の〝アシスト〟でハイボールを飲む藤田(東スポWeb)
カシン(右)の〝アシスト〟でハイボールを飲む藤田(東スポWeb)

 大失態だ。〝悪魔仮面〟ケンドー・カシンの凡ミスにより「野獣・藤田和之」が復活を果たした。

 V2戦(30日、東京・両国国技館)で潮崎豪(40)を迎え撃つGHCヘビー級王者の藤田は、8日の後楽園ホール大会で杉浦貴と組み、潮崎、田中将斗組と対戦。最初で最後の前哨戦となった。

 試合前にはスタッフにいちご大福を差し入れるなどして好感度がアップしていた藤田だが、試合で一変した。おじぎしてリングインするまではよかったものの、潮崎のラリアートを食らった藤田が場外へエスケープするや、カシンが缶飲料を手渡す。おいしそうに「グビリ」と飲み干した藤田だったが、何だか様子がおかしい。

 直後に強烈なラリアートを潮崎に決めると、岩石落としから、叩きつけるようなパワーボムを発射。これで3カウントを取りにいかず、無理やり起こしたところに顔面蹴りを浴びせてノックアウト。ヒザで押さえ込んで3カウントを奪った。

 試合後も興奮気味の藤田に再びカシンが飲料を手渡し、笑顔で飲み干した直後だ。再び潮崎を起こし、強烈なパワーボムをお見舞い。その目は「野獣」に戻っていた。異変を察したカシンらセコンド陣が暴れる藤田を制止するが、次々と蹴散らされてしまう。揚げ句の果てにはパートナーの杉浦もラリアートでKOされてしまった。

 さらに藤田は大の字状態の潮崎、杉浦の口の中にカマボコを突っ込み、飲料をぶっかける始末。「コメントなんかねえよ! アイム・ノア! アイム・チャンピオン! アイム・サイバーファイト!」と叫び、バックステージを後にした。

 その直後、罰が悪そうな表情で現れたカシンは「ビールじゃなかった…。すみません。僕のせいです。ハイボールでした。本当にすみません」と繰り返すばかり。本来なら藤田の〝燃料〟であるビールを用意するところを誤ってハイボールを用意したため、飲み干した藤田がひょう変したようだ。

 もう礼儀正しい「人間・藤田和之」に戻ることはないのか。決戦まで、その動向が注目される。

関連タグ: