熊切あさ美 崖っぷちから華麗なる復活!「いろいろあったんで…」

2020年11月20日 11時40分

崖っぷちから復活した熊切あさ美

 2000年代に“崖っぷちアイドル”としてバラエティー番組を席巻した熊切あさ美(40)が今年、華麗なる復活を遂げた。16年ぶりの写真集、10年ぶりのDVDをリリースするなどグラビアで大活躍し、数あるバラエティー番組にも続々出演した。本紙はそんな熊切を単独インタビュー。女性も憧れる美魔女体形の秘密から、現在の恋愛事情まで――根掘り葉掘り聞いた。

 ――驚きの復活劇となった

 熊切 こんなにお仕事をいろいろさせてもらえるようになる、ましてや、またグラビアができるとは思っていなかったんで、ありがたいです。

 ――とても40歳には見えない肉体に、男性だけではなく女性ファンも激増している

 熊切 若いころより体は良くなっていると思います。万が一、いつかグラビアの話が来た時のために、体は鍛えていたんですよ。本格的にやるようになったのは3年ぐらい前です。キックボクシングとジムでの筋トレがメインです。キックボクシングは体力づくりと体づくりとストレス発散のためです。

 ――まさか大みそかの格闘技出場を目指しているのでは?

 熊切 ないです。絶対ないです。出たくないです。体は全く変わりました。お尻が小さかったのがコンプレックスだったのですが、写真集を出してプリッとなったと褒めてもらえるようになりました。ウエストがプロフィルどおりの58センチになりました。前はそこからプラス10センチはありました。72センチくらいあったかもしれない。一回、めちゃめちゃ痩せたんです。いろいろあったんで…(苦笑)。そこから5キロくらい戻しました。

 ――テレビにも多く出演しているが、久しぶりだからこそ変化を感じたこともあったのでは

 熊切 これだけバラエティー番組に出させてもらうのは10年ぶりくらい。時代はどんどん変わってるなと思います。例えば、昔だったら長々としゃべっているのがいいと思っていたんですけど、今はワンフレーズを言う方が使われるとか。いけない癖で、もう私は40なのに、20代の子をライバル意識してしまったことがあって…。一緒の番組に出ると、その子よりしゃべらなきゃ、とかあるじゃないですか。でも、親友に「どうやってもそこにはいけないよ」って言われて。今は焦っても仕方ないし、空回りしないようにしています。

 ――これからの目標は

 熊切 グラビアでもう一回、写真集を出したいなと。美魔女代表みたいな存在になりたいです。あとは、もっともっとバラエティー番組に出て、レギュラー番組を持ちたいです。正直“崖っぷちアイドル”というのは自分の中では捨てたんですけど、常に崖っぷちだと思って頑張んなきゃいけないなと思っています。

 ――ちなみに現在、彼氏は?

 熊切 いないです。たぶん、彼氏がいたら、写真集とか出せてなかったと思います。彼氏のことを考えて、思い切ってグラビアをできなかったと思います。タイミング的にもすごく良かったのかなと。

 ――現在どれくらい恋人はいない? 恋愛騒動で新聞や週刊誌、ワイドショーをにぎわせたのは約5年前

 熊切 ゴタゴタがあって、その後にいい人とかいたけど、どれくらいだろう? 想像にお任せします。常にときめいていたいタイプです。

 ――結婚は考えている

 熊切 焦らなきゃいけないし、親にはすごく言われるんですけど、自分の中では結婚願望というのは通り越してしまいました。一人が楽だし、楽しいなというのが本音です。