広島・クロンが6号ソロ「先制点につながる本塁打になって良かった」

2021年06月10日 19時04分

右越えに先制ソロを放つクロン

 少しずつだが確実に調子を上げつつある。広島のケビン・クロン内野手(28)が10日のソフトバンク戦(ペイペイ)に「8番・一塁」で先発出場。0―0の3回先頭で迎えた第1打席でいきなり見せた。

 ソフトバンク先発・レイに対しフルカウントまで粘ると、7球目の151キロの直球をとらえ右翼へ先制の6号ソロ。クロンは「コースに逆らわず逆方向の本塁打が出たので非常に良かった。チームの先制点につながる本塁打になって良かったね」と話した。

関連タグ: