阪神が「青い虎」で6・18巨人迎撃! 医療従事者への感謝込め試合用キャップを青色に

2021年05月31日 12時02分

選手会発案の「HEALTH CARE HEROES GAME Supported by Joshin」の帽子などを着用する近本(左)と坂本(球団提供)

 リーグ再開初戦は「青い虎」でG倒や!阪神は31日、来る6月18日の巨人戦(甲子園)で「HEALTH CARE HEROES GAME Supported by Joshin」と題し、猛虎選手が当日練習用ウエアや試合用のキャップを「青色」をコンセプトにしたものを身にまとい、試合に臨むことを発表した。

 タイガース選手会からの発案で、新型コロナウイルスが猛威を奮うなか、その第一線で感染症患者の対応にあたっている医療従事者への感謝の思いを伝えることを趣旨にしたもの。当日は甲子園球場の球場正面のライトアップを青色に変更するほか、試合に使用するベースを青色にし、試合球にも医療従事者への感謝のメッセージを刻印したものを使用するという。

 選手会長の近本は企画に際し「昨年からファンの方々が思うように球場にお越し頂けない状況が続いていますが、自分たちは目の前の自分たちがしっかりできることをやって全力でプレーしている姿で、医療従事者のみなさんにたくさんの元気と希望と『今日から頑張ろう』という気持ちを持ってもらえるように精一杯頑張っていきます」とコメント。

 対象試合で監督・コーチ、選手らが着用した試合前の練習用Tシャツやキャップ、試合球や各塁のベースはチャリティーオークションにかけられ、経費を除いた収益金を「ひょうご新型コロナウイルス対策支援基金」に寄付し、医療支援に役立てられる。

関連タグ: