連勝が3でストップした阪神・矢野監督「みんな思い切っていった結果なので仕方ない」

2021年03月31日 05時00分

阪神・矢野監督

 阪神0―1で今季初黒星、連勝は「3」でストップした。僅差での敗戦に試合後の矢野燿大監督(52)は、サバサバと試合を振り返った。

 試合は戦前の大方の予想通り、広島・森下、阪神・西勇の両先発の投手戦となり、ロースコアの展開に。両軍無得点で迎えた4回の攻撃が、数少ない試合のポイントとなった。

 先頭の2番・糸原のチーム初安打となる左前打を口火に、マルテ、サンズの両助っ人が、際どいコースを見極め四球でつなぐなど一死満塁の好機で、佐藤輝が空振り三振、梅野が二ゴロに倒れ、無得点で終了。6回以降は森浦→塹江→栗林と赤ヘルの中継ぎにかわされ、4安打で完封負けとなった。

 試合後、4回の好機が無得点で終わったことに指揮官は「うちの打者がみんな思い切っていった結果なので。仕方がない」と敗戦を冷静に振り返っていた。

関連タグ: