藤川球児引退試合で醜態さらした虎ナインに容赦ないヤジ

2020年11月10日 18時47分

岡本の打球をトンネルした小幡

 阪神は10日、甲子園球場で巨人と対戦。今季限りで現役を引退する藤川球児投手の引退試合として行われたこの一戦を勝利で飾るべく、青柳晃洋投手が先発のマウンドに上がったが、初回から3本の長短打を浴び3失点。味方守備陣もまずいプレーを連発と、散々な出だしになってしまった。

 松原の四球と重信の右前打で一死一、三塁とされると、次打者の岡本の放った二塁への平凡なゴロを小幡が後逸してあっけなく先制点を献上。制球に苦しむ青柳は、その後も丸、若林に適時打を許した。大事な一戦で醜態をさらしてしまった虎ナインには、観客席から容赦ないヤジが浴びせられた。