広島・九里 息子からの「頑張って」に奮起! 昨年6月以来2度目の完封

2020年09月28日 23時00分

完封で5勝目をあげ、坂倉と握手する広島・九里(右)

 広島・九里亜蓮投手(29)が28日のDeNA戦(マツダ)で先発し完封で5勝目を挙げた。初回から直球で押す強気の投球を徹底し、2回には三者連続三振もマーク。「坂倉がいいリードをしてくれた。キャッチャーミットに向かって思い切り投げるだけだった」と女房役の坂倉省吾捕手(22)との息ぴったりで、昨年6月25日楽天戦以来の完封勝利を挙げ「長いイニングを投げ切れる試合がなかったのでよかった」と笑顔をみせた。

 不甲斐ない姿を見せるわけにはいなかった。「今日の朝、息子が『頑張ってきてね』と言ってくれた。その言葉を忘れず、いい所を見せられるように頑張りました」。愛息からのエールを力に変えて、パパとして意地の投球をみせたのだった。「今後も粘り強く、最少失点でゲームを作れるように頑張りたい」という九里。今後もチームのためそして家族のために腕を振る。