DeNA・オースティン「ヤッター!」虎相手に2試合連発の8号逆転3ラン

2020年09月22日 15時54分

一軍復帰後、ハイペースで本塁打を量産しているDeNA・オースティン

 豪快アーチで引っ繰り返した。DeNAのタイラー・オースティン外野手(29)が22日の阪神戦(甲子園)で逆転の8号3ランを放った。

 2点を追う5回無死一、二塁、相手先発の左腕・高橋の投じた143キロのカットボールを捉え、左翼席中段へ。左翼守備に就いていたサンズは一歩も動けず、打球の行方を見送るしかなかった。


 2試合連続弾を放ち、スコアを3―2とした助っ人は、まず〝お決まりの日本語〟で「ヤッター!!!」。その後は「逆転することができうれしいです。体がうまく反応してくれて完璧に捉えることができました!」と明るい表情で話した。

 首の負傷から12日の中日戦(横浜)で約40日ぶりに一軍の試合へ復帰。復帰以降、10試合で4発と本塁打をハイペースで量産している。