阪神・矢野監督が語気荒らげて報道陣に八つ当たり「何とかしようとはしてるんだよ」

2020年09月10日 06時15分

ベンチでうなだれる矢野監督。いよいよ〝終戦〟か

 いよいよ〝終戦〟が近づいてきた。自力優勝の可能性が消滅寸前の阪神は9日のDeNA戦(横浜)に1―6で敗れ、引き分けを挟んで3連敗。チーム勝ち頭の青柳晃洋投手(26)は5回8安打4失点と粘り切れず、打線も初回に糸井の犠飛で奪った1点だけの〝スミ1〟に終わり、意地を見せることさえできなかった。

 優勝への正念場と踏んだ前カードの巨人戦(甲子園)で1勝2敗と負け越し、前日は7―0から追いつかれてのドロー決着。さすがにフラストレーションがたまっているのか、矢野監督は「(青柳は)工夫しようというのは見えた。やられた中で収穫や学んで次どうするかしかない」と前を向きつつ、報道陣から結果について問われると「プロとしてそれではダメなんだけど、何とかしようとはしてるんだよ。打たれた結果だけピックアップしてさっ」と語気を荒らげる一幕もあった。

 35年ぶりの日本一という〝結果〟に人一倍こだわり続けてきたのは、他でもない矢野監督。イライラして報道陣に八つ当たりしているようでは、もはやこれまでか。