巨人・澤村 マルテに同点2ラン被弾「一番やってはいけないのがホームラン」

2019年05月29日 23時54分

ぼうぜんとする巨人・澤村

 巨人は29日、阪神戦(甲子園)で4―4の延長12回、8番手・池田が一死満塁から代打・高山に痛恨のサヨナラ弾を浴びて、阪神と入れ替わって3位へ転落した。

 最初の誤算は2点リードの8回に3番手でマウンドに上がった澤村拓一投手(31)だ。二死一塁から真ん中に甘く入った143キロの直球をマルテに捉えられ、左翼席へ同点弾を浴びた。試合後は「あのケースは一番やってはいけないのがホームランなんで。それでホームランを打たれている。反省しなくてはいけないと思います」と話した。

 原監督は「本人がそのへんをどう感じているか。しかし勝ち越されなかったことも、そこはそこで評価する必要性があるしね」とかばった。