センバツ出場32校発表 関東・東京「最後の1枠」は二松学舎大付 昨年Vの東海大相模は落選

2022年01月28日 17時30分

甲子園球場(東スポWeb)
甲子園球場(東スポWeb)

 日本高野連は「第94回選抜高校野球大会」(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会を28日、オンラインで開催し、出場32校を発表した。組み合わせ抽選会は3月4日に行われる。

 21世紀枠には昨夏と昨秋の県大会で準優勝の大分舞鶴、昨秋県大会4強の丹生(福井)、昨秋県大会8強の只見(福島)が選出され、3校ともに県立高で春夏通じて甲子園初出場となる。

 一般選考では各地区から29校を選出。関東地区は明秀学園日立(茨城)山梨学院、木更津総合(千葉)浦和学院(埼玉)の4校の出場が決まった。また、東京地区からは国学院久我山、二松学舎大付が選出された。この関東・東京地区は「最後の1枠」の選出を巡って注目されたが、関東8強と東京準優勝の二松学舎大付が選ばれるなど東京の出場校は2校となった。前回の選抜大会を制した東海大相模(神奈川)は選出されなかった。

 激戦区の近畿地区からは大阪桐蔭、和歌山東、天理(奈良)、金光大阪、京都国際、市和歌山、東洋大姫路(兵庫)の7校が選出された。

 中国地区は広陵(広島)、広島商、倉敷工(岡山)の3校。四国地区は高知、鳴門(徳島)を選出した。この中国・四国地区も「最後の1枠」の行方に焦点が集まったが、中国4強の倉敷工が他の有力候補とみられていた岡山学芸館や明徳義塾(高知)を抑える形で出場権を得た。

 出場32校は以下の通り。

♦北海道=クラーク記念国際

♦東北=花巻東(岩手)、聖光学院(福島)

♦関東・東京=明秀日立(茨城)、浦和学院(埼玉)、木更津総合(千葉)、二松学舎大付(東京)、国学院久我山(東京)、山梨学院

♦東海=日大三島(静岡)、大垣日大(岐阜)

♦北信越=星稜(石川)、敦賀気比(福井)

♦近畿=京都国際、金光大阪、大阪桐蔭、東洋大姫路(兵庫)、天理(奈良)、和歌山東、市和歌山

♦中国・四国=倉敷工(岡山)、広島商、広陵(広島)、鳴門(徳島)、高知

♦九州=九州国際大付(福岡)、有田工(佐賀)、長崎日大、大島(鹿児島)

♦21世紀枠=只見(福島)、丹生(福井)、大分舞鶴

関連タグ: