なでしこジャパンの池田太監督が、サッカー女子パリ五輪アジア最終予選北朝鮮戦の第2戦(28日、国立)に向けてファンやサポーターへ来場を強く呼びかけた。

 27日に国立で行われた公式会見に出席した池田監督は、五輪出場権がかかる最終決戦へ「決勝戦のような、シンプルに明日の試合に勝利することだけを考えてプランニングしている」と強い覚悟をにじませた。

 続けて「私自身、なでしこジャパンで戦うにあたり国を背負って戦う覚悟を持っている。一つひとつの戦い、重要な試合に向かって戦う。それがもう、スポーツの醍醐味。そういう世界に生きているからこそ高揚感、緊張感はたまらない」と胸の高鳴りを表現しながら必勝を誓った。

 チームは万全の態勢を準備する一方で、試合当日のチケットはゴール裏の応援席の比較で北朝鮮側が多く売れている現状が明らかになっている。

 このままでは国立開催にもかかわらず、まさかの〝アウェー〟となる可能性もあるだけに「選手たちは多くのサポーター、声援で背中を押していただきたい。テレビもいいが、ぜひ国立に足を運んで応援していただきたい。そういった思いもあります」と指揮官は悲痛な思いを口にした。

 なでしこジャパンを後押しする環境は整うのか、決戦の応援席にも注目が集まる。