米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(36)が4日の香港リーグ選抜戦を欠場して騒動が拡大する中、中国メディア界のドンが激しい言葉で糾弾した。

 メッシは7日に行われたJ1神戸との親善試合で後半15分から途中出場。しかし、4日の香港リーグ選抜戦は内転筋の違和感を理由に欠場しており、わずか3日後の日本での試合で全力プレーを見せたことから、香港や中国では怒りが爆発。香港政府など政界からも追及の声が上がり、インテル・マイアミ側がチケット代の一部払い戻しを決定し、3月に中国で予定されていたアルゼンチン代表の2試合が中止になるなど波紋が広がり続けている。

 そして、中国メディア界の重鎮も追及の姿勢を強めている。中国共産党の機関紙「人民日報」系の「環球時報」で編集長を務め、SNSのフォロワー数で約2500万人を誇るなど言論界をリードする胡錫進氏が連日メッシに対して猛批判を展開。中国メディア「看中国」によると、胡氏はメッシについて「サッカーができること以外に、高い資質を持っているわけではない」とした上で「サッカーがなければメッシは何の役にも立たない」とバッサリ。国民に対して「メッシを見下そう」と煽り、「キャリアが終わりに近づいており、道徳もない人物」と非難した。

 今後は「われわれはもっと彼を叱責して、無視すべきである」と中国全体がメッシを敵視するよう求めた。

 欠場騒動により、メッシと中国の対立は深まるばかりだ。