元卓球女子日本代表で五輪2大会連続メダリストの福原愛さんの元夫・江宏傑氏が、台湾メディアの前に登場。福原さんとの裁判について口を開いた。

 福原さんの元にいる長男を引き渡すよう7月に日本で会見を開くなど、渦中にある江氏。台湾メディア「TVBS」などによると、新番組の記者会見にタレントらと登場した。

7月の会見では涙も見せた江宏傑
7月の会見では涙も見せた江宏傑

 記者から「新年は一家そろって迎えられますか」と問われると「そうしたいんですよ~。できるといいんですけど」と願望を述べた。その上で裁判の進展ついて問われると「進展があれば、私より皆さんの方が先に分かるのでは。現時点では全部弁護士さんにお任せしているので、ここで話すことはできないんですよ」とにこやかに語った。

 しかし、福原さんが自身の「小紅書」で瓜子(ひまわりなどの種)が好物だったことを明かし「私の半分は中国人ですよ!」と語ったことを記者から問われると、江氏は表情が一変。絶句し、明らかにこわばった表情で黙ってしまった。すぐに関係者が駆けつけ「番組の質問をしてください」と打ち切ったという。

 台湾でも福原さんと江氏の問題は、台湾でも依然注目を集めている。