Jリーグの今季最終節が3日に行われ、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催されたJ1名古屋―柏戦の試合開始時間が午後2時から午後2時45分に急きょ変更された異例の事態を巡って、ファンやサポーターの間で騒然となっている。

 Jリーグはキックオフの1時間前に「本日12月3日(日)開催の、2023明治安田生命J1リーグ第34節名古屋グランパスVS柏レイソル(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)について、同敷地内での事故により、キックオフ時刻が14:45に変更となりましたのでお知らせいたします」と発表した。

 そして、試合時間の変更の理由についてSNS上で「遺体発見」がトレンドワード1位になるなど大きな話題に。現地のファンやサポーターなどを中心にして、スタジアムで遺体が発見されたなどの情報が続出したのだ。

 Jリーグはこの件に関して、警察の管轄になる案件とした上で「安全上の確認が取れたので試合を開催した」と説明した。