プロ野球の最強を決める日本シリーズがいよいよ28日から開幕する。2年連続の日本一がかかるオリックスはリーグ3連覇を果たし、CSファイナルステージを4勝1敗で突破。一方、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神はCSファイナルを無傷の4勝0敗で勝ち上がってきた。実に59年ぶりとなる「関西ダービー」を制するのはどちらか。

【日本シリーズ予想:門倉健氏=オリックス4勝3敗】チーム力が拮抗しているだけに最後までもつれそうな気がするが、わずかな投手力の差でオリックスに軍配が上がるのではないか。やはり山本という絶対的エースの存在は大きい。

 CSファイナルステージでは7回5失点と打ち込まれた山本だが、投手としての総合力、完成度はずばぬけている。どの球種もカウント球になるし、決め球にもなる。阪神打線は山本と対戦する時に何を狙っていくかがカギとなるが、どの球種も一級品だけに苦労するのではないか。

 オリックス打線も山本が投げる時は絶対に負けられないという雰囲気が出る。杉本の左足首の状態が気掛かりだが、6、7戦までもつれれば山本が2試合に登板する。CSを見る限り、阪神打線が振れているという印象は受けなかっただけに山本を打ち崩すのは容易ではないとみる。