期待の大砲候補が一発で試合をひっくり返した。広島は29日の巨人戦(京セラドーム)に5―4で逆転勝ち。ヒーローは末包昇大外野手(27)だ。2―4の8回二死一、二塁で代打で登場すると、巨人3番手・高梨から逆転の6号3ランを放った。

 ヒーローインタビューで「ひと振りで何とか決めようと思った」と振り返った末包。「打った瞬間、飛距離は出たなと思ったが切れるかなと。ちょっと心配しながらいたんですけど、ギリギリ思いが届いてよかった」と笑顔を見せた。

 そんな末包はずっと新井監督から早出で熱心な打撃指導を受けているが、それだけではない。藤井ヘッドコーチからもさまざまな〝アシスト〟を受けているという。その一つが藤井ヘッドが現役時代にすごいと思った打者の話だ。

 一例として元巨人の村田修一氏のことを聞いた。藤井ヘッドから「自分でバットを引きに行くんじゃなくて、(引く意識よりも)落とすだけで(飛ばす)というのもあったりしたらいいんじゃない?」と言われ、末包は実際に映像で確認したりもしたという。

 多くの助言を受け才能が開花しつつある末包の活躍で、首位・阪神とのゲーム差を6とした。またこの日、阪神に点灯していた優勝マジックも消えた。末包は「僕たちは勝ち続けるしかない。勝っていって(阪神の)背中を追っていきたい」と力を込めた。