【全仏OP】錦織圭が思わぬ苦戦 ほぼ動けぬ相手を崩せず雨天中断へ

2021年06月04日 21時37分

苦戦する錦織(ロイター)

 テニスの4大大会「全仏オープン」(パリ)の男子シングルス3回戦で世界ランキング49位の錦織圭(31=日清食品)が同150位のヘンリー・ラクソネン(29=スイス)と対戦。ベスト16進出を懸けた戦いとなったが、試合は雨で中断となった。

 ここまで思わぬ苦戦を強いられている。第1セットで2―2となったところで相手のラクソネンが太ももの内転筋を痛めてメディカルタイムアウト。治療を終えた後は表情が冴えず、ラリーではほとんど動けない状況となった。誰もが錦織の勝利、相手の棄権も時間の問題と思われたが、ラリーに持ち込まれないようにスライスやドロップショットを駆使するラクソネンに手を焼いた。第7ゲームでブレークして優位に立ったが、第8ゲームでまさかのブレークバック。5―5で迎えた第11ゲームは9回のデュースの末にブレークしたものの、負傷の相手を崩すことができずに雨天中断となった。

 1、2回戦でともにフルセットを戦い、約8時間もコートに立った錦織。この試合は早期決着で勝利する絶好のチャンスだったが、このまま中断が長引けば逆に相手にとって〝恵み〟の雨になってしまいそうだ。

関連タグ: