大坂なおみの“うつ告白”は「深刻に受け止めるべき」 4大大会6度制覇ベッカー氏

2021年06月02日 14時14分

大坂なおみ

 男子テニスの元スター選手、4大大会を6度制したボリス・ベッカー氏(53)がうつ病を告白した大坂なおみ(23=日清食品)のキャリアを危惧していると英紙「サン」が報じている。

 大坂は全仏オープンで宣言通りに試合後の記者会見を拒否。1万5000ドル(約163万円)の罰金を科された後、自身のSNSを更新し、大会からの棄権とともにうつ病に苦しんでいることを告白した。しばらくトーナメントから離れることになるなど、テニス界に波紋を広げている。

 そんな中、同紙によると、ベッカー氏はメディア対応できなければ、継続的なプレッシャーに対処できないと指摘し、メンタルヘルスを「非常に真剣に」考慮すべきだと語ったという。

 ベッカー氏は「私は個人的にメディアが嫌いだった。ジャーナリストと話すのは好きではなかったが、そうしなければいけなかった」と語った上で「もし彼女がパリでメディアに対処できなければ、ウィンブルドン(選手権)でもメディアに対処できず、全米オープンでもメディアに対処できないからだ。メンタルヘルスの問題のために彼女のキャリアが危険にさらされているように感じ、非常に深刻に受け止めなければならないと感じている」と訴えた。

 記者会見拒否がルール上できない以上、大坂自身の状態が改善されない限り、毎試合ごとに行われる取材や会見に対応できないとし、今後のテニス人生にも影響が出かねないというわけだが、大坂はこの試練を乗り越えて競技に復帰できるのだろうか。

関連タグ: