【テニス】うつ告白の大坂なおみ 所属契約の日清食品「一刻も早い回復を祈念」

2021年06月01日 15時02分

30日の全仏初戦でツィグと対戦した大坂なおみ(ロイター)

 女子テニス世界ランキング2位の大坂なおみ(23=日清食品)が「うつ」を告白して4大大会「全仏オープン」(パリ)の棄権したことを受け、所属規約を結ぶ日清食品は1日、本紙の取材に「まずは大坂なおみ選手の一刻も早い回復を祈念するとともに、引き続きの活躍を願っております」とコメントした。

 同社は大坂と2016年11月に契約を締結。その後、4大大会初制覇(2018年全米オープン)、アジア人初の世界ランキング1位と世界トップ選手になる過程で大坂を支えてきた。男子世界ランキング49位の錦織圭(31)もスポンサー契約を結んでおり、日本男女エースが所属する企業として注目を集めている。

 この日、大坂は「私は2018年の全米オープン以降、長い間うつに悩まされ、その対処に本当に苦労してきました」と告白して大会棄権を発表。全仏オープン1回戦快勝後は記者会見を拒否し、罰金1万5000ドル(約165万円)を科せられ、物議を醸していた。

関連タグ: