沢松奈生子氏 大坂なおみの会見拒否問題で提言「ツイッターではなく自身の口で言うべきだった」

2021年05月31日 12時55分

沢松奈生子氏

 31日放送のTBS系「ひるおび!」では、テニスの全仏オープンで会見拒否を表明し、世界的に波紋を広げている大坂なおみ(23)の言動について議論した。

 大坂は全仏オープン前にツイッターで選手の精神状態を無視しているとして記者会見を拒否することを表明。テニスに関係のない質問が出たり、試合に負けて精神的に傷ついた選手に追い打ちをかけるような会見のあり方に問題提起した。実際に30日の試合後に会見を拒否した。

 大会主催者側は、大坂は1万5000ドル(約165万円)の罰金を課した。さらにこのまま拒否を続けるなら大会追放、さらに四大大会出場停止の可能性も出ている。

 この問題について元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子氏は「大坂選手の主張は理解できる。テニスに関係ない質問が多いのも確かだが、会見に応じるのは義務だと思う」とした上で「今回の主張はわがままとか感情的なものではないと思う。ただ、こうした発信はツイッターではなく自身の口で言うべきだったと思う」と、会見拒否を表明した手法に疑問を呈した。

関連タグ: