錦織が今季初勝利に手応え「一番良かったと言える試合、突然ボールが入る気がした」

2021年03月02日 11時00分

錦織圭

 ついに勝った! 男子テニスの世界ランキング45位・錦織圭(31=日清食品)が1日(日本時間2日)、ABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ・ロッテルダム)の1回戦で、同19位のフェリックス・オジェアリアシム(20=カナダ)を7―6(7―4)、6―1のストレートで撃破。約5か月ぶりとなる今季初勝利で、初戦を突破した。

 第1セットは身長193センチを誇る若武者の好ショットに苦戦したが、タイブレークの末に奪った。第2セットは一転してペースを握り、2つのブレークを奪取。相手の強力サーブにはブロックリターンを多用し、要所で生命線のダウンザラインを決めるなど一方的な展開で制した。

 試合後は笑顔で会見に臨み「(復帰後では)一番良かったと言える試合だった。予感はあまりなかったが、試合になって突然ボールが入る気がした。今日は落ち着いてプレーできた」とコメント。試合勘についても「格段に戻っている」と手応えをつかんだ。

 2月の全豪オープン(メルボルン)は初戦で敗れて今季は3連敗といいところがなかったが、ようやく未勝利に終止符。昨年12月の結婚発表後の“初白星”にもなった。

関連タグ: