【全仏OP】錦織圭が初戦から死闘! フルセットで勝利し2回戦進出

2020年09月28日 00時31分

フルセットの激闘で1回戦を突破した錦織(ロイター)

 男子テニスの4大大会「全仏オープン」(パリ)が27日に開幕し、世界ランキング35位の錦織圭(30=日清食品)が大会初日の1回戦で同34位のダニエル・エバンズ(30=英国)を1―6、6―1、7―6(7―3)、1―6、6―4のフルセットの末に勝利。のっけから3時間49分の死闘となったが、何とか制して2回戦へ駒を進めた。

 今大会は新型コロナウイルス禍で史上初の秋開催。右ヒジの故障とコロナ感染などで長期離脱していた錦織にとって、4大大会は昨年8月の全米オープン以来、約1年ぶりとなった。

 会場のローラン・ギャロスは小雨模様。屋外の第14コートは風も強く、気温12度という悪コンディションだった。第1セットは序盤で水を含んだクレー(赤土)コートに足を取られるシーンもあり、いきなりファーストゲームをブレークされる滑り出し。その後も仕掛けたネットプレーが不発となり、ラリーでミスも目立った。第5、7ゲームもブレークされ、1ゲームしか奪えずに最初のセットを落とした。

 第2セットは正反対の展開となった。マックス・ミルヌイ・コーチ(43)と取り組み中のサーブ&ボレーが初めて決まり、相手をラリーで動かしてから前に出る効果的なネットプレーも出た。得意のバックハンドのリターンエースも飛び出し、第3、5ゲームをブレーク。結局、第2ゲームから6ゲーム連続奪取という一方的なセットとなった。

 第3セットは開始早々で雨足が強まり、約10分間の中断。その直後から3ゲーム連取していい流れは続いた。バックのリターン、キレのあるフォアのウイナー、さらにネットに出て絶妙なボレーも華麗に決まった。1ブレークアップで迎えた第8、9ゲームと連続でセットポイントを握るが決め切れず、逆に第11ゲームをブレークされてしまう。しかし、第12ゲームで渾身のブレークバックに成功し、タイブレークの末に第3セットをものにした。

 第4セットはやや疲れが見えだした。第2ゲームで先にブレークを許し、相手に主導権を握られる。第2、3セットのようなキレのある動きが出せず、このセットは1ゲームしか奪えずに落とし、ファイナルセットへ突入した。

 最後はお互いにメンタルとの戦いだ。錦織が先にブレークして3ゲーム連取すれば、エバンズも負けじとブレークバックして3ゲームを奪い返す。その後は互いにキープを続け、土壇場で錦織はこの試合初のサービスエースを繰り出す勝負強さも見せた。迎えた第10ゲームをブレークし、死闘にピリオドを打った。

 試合後、錦織は「すごくタフな試合だった」と第一声。壮絶な試合を「さすがにきつかった。雨もあって、すごく寒い中でのプレーだったので、ボールが跳ばなかったり、体が動かなかったことが多々あって、ちょっとコンディションの面では大変な全仏になると思う」と振り返った。

 また、プレー内容については「アップダウンがある試合で出足がすごく悪かったが、2セット目、3セット目で感覚をつかめた。少しリラックスして2セット目からもうちょっとラリーを長くして相手のリズムを見ながらプレーしたのがキッカケで、ちょっとずつ良さを出した」と話した。

 2回戦の相手は世界73位のステファノ・トラバグリア(28=イタリア)。2日間の休みを挟むことには「すごく大きい。しっかり休んでリカバーしたい」と語り、久々の5セットマッチの疲れを十分に癒し、次戦へ向かう。