大坂なおみ 全米OP前哨戦へ新ラケットで再スタート!

2020年08月18日 15時09分

ヨネックスの新デザインラケット「EZONE NAOMI OSAKA LIMITED」を持ってポーズをとる大坂なおみ(写真提供=ヨネックス株式会社)

 女子テニスの大坂なおみ(22=日清食品)が18日、スポンサー契約を結ぶヨネックス株式会社の新デザインラケット「EZONE NAOMI OSAKA LIMITED」でツアー再開に臨むことが発表された。

 新型コロナウイルス禍の影響でテニス界は男女とも3月中旬からツアーを中断。大坂は男女共催のツアー大会「ウエスタン&サザン・オープン」(8月22日開幕)で約7か月ぶりの実戦を迎えるが、今回は〝相棒〟となるラケットを自らプロデュース。白をベースに、ポイントでゴールド(金色)をあしらった新デザインを提案した大坂は「リクエスト通りのとてもきれいなデザインに仕上がってうれしい。ツアー再開に向け、決意を新たに力強く挑めそうです」と腕をぶしている。

 心強い援軍とともに、前哨戦の「ウエスタン――」で勢いをつけ、一昨年前に優勝した4大大会の「全米オープン」(8月31日開幕)へ打って出る。なお、同製品は年9月下旬から数量限定で一般販売される。