【競泳】“棚ボタ” 代表入りの塩浦慎理 妻・おのののかは「本当によかったね」

2021年04月12日 22時00分

東京五輪出場権を獲得した塩浦慎理

 競泳男子で東京五輪代表の塩浦慎理(29=イトマン東進)が12日、オンラインで取材に応じ、リレー要員として代表入りしたことに「すごい驚いた」と率直な感想を語った。

 代表選考会を兼ねた日本選手権50メートル自由形で4位、100メートル自由形で5位だった塩浦は、個人の出場権を逃していた。しかし、100メートル自由形で2位だった松元克央(24=セントラルスポーツ)が200メートル自由形に集中するため、400メートルリレーを回避。〝次点〟として塩浦が選出されることになった。

 塩浦は同選手権最終日(10日)のレースを終え「帰り道に連絡をもらって、選ばれると思ってなかったので、すごい驚いた」。五輪の1年延期でモチベーションを保てないこともあったが「将来のことも含め、気持ちの整理には時間がかかりそうだなと思っていたんですけど、こうやってチャンスをいただけたので、やる気が出てきました」と話す。

 また、昨年9月に結婚したタレントのおのののかには「本当によかったね」と言葉を掛けられたという。塩浦は「本人は気を使ってくれていたようで、帰ってきたら何て声掛けようかなと思ってたみたいなんですけど、すごい喜んでくれたのでよかった」と充実の表情だった。

関連タグ: