【競泳】池江璃花子が復帰後自己ベスト! いざ3冠へ50m自由形全体1位で決勝進出

2021年04月09日 18時15分

女子50メートル自由形予選で力泳する池江璃花子(代表撮影)

 競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第7日(9日、東京アクアティクスセンター)、女子50メートル自由形予選が行われ、白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20=ルネサンス)が、復帰後自己ベストとなる24秒87をマーク。全体1位で10日の決勝に駒を進めた。

 午前中の予選は25秒39のタイムで泳いでいた池江。この日2本目のレースでは、中盤から後半にかけてノビのある泳ぎを披露。ただ、1人24秒台を叩き出し、派遣標準記録(24秒46)突破も視野に入ってきた。

 池江は既に100メートルバタフライ&自由形で優勝。50メートル自由形でも優勝を果たせば3冠達成。また、10日の50メートルバタフライ(非五輪種目)でも優勝すれば4冠となる。

関連タグ: