畑岡奈紗が日本勢最上位の14位発進 ノーボギーの68にも課題挙げる

2022年07月29日 10時53分

畑岡奈紗(ロイター=USA TODAY Sports)
畑岡奈紗(ロイター=USA TODAY Sports)

 欧州女子ツアー共催の「スコットランドオープン」初日(28日、英国・ダンドナルド・リンクス=パー72)、畑岡奈紗(23=アビームコンサルティング)がボギーなしの68で回り、日本勢最上位となる4アンダーの14位発進となった。

 穏やかな天候に恵まれた午前スタートも追い風に、インスタートの13番で初バーディーを奪うなど安定したゴルフを展開した。それでも同組で回った米ツアールーキーのチェ・ヘジン(韓国)が8アンダーの首位だっただけに「ヘジンとはパーオン率も同じくらいだけど4打差がある。グリーン上の読みの差が出てしまった」とパッティングを課題に挙げた。メジャー最終戦「AIG全英女子オープン」(8月4日開幕)へ向けてさらに調子を上げていきたいところだ。

 そのほか日本勢は古江彩佳(富士通)が3アンダーの18位、笹生優花(ICTSI)が2アンダーの32位、渋野日向子(サントリー)は1アンダーの49位で初日を終えた。

関連タグ: