【全英女子オープン】シブコ連続ボギー発進 日本勢は奈紗74、桃子75、勝76と苦しい初日

2020年08月20日 21時54分

渋野日向子

 女子ゴルフの今季メジャー初戦「AIG全英女子オープン」(ロイヤルトルーンGC=パー71)が20日開幕し、世界ランク5位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は74のラウンドで、3オーバー発進となった。

 初日は朝から予報通りの強風で各選手とも苦戦。40人以上がホールアウトした時点でアンダーパーをマークした選手はおらず、プレーを終えた中ではイーブンパーのアレーナ・シャープ(39=カナダ)が首位となっている。

 畑岡は3、4番を連続ボギーとするなど、8番までに4ボギー。その後は粘り強くパーを重ね、最終18番パー4で今大会初のバーディーを奪ってフィニッシュした。

 ラウンド後はリモートでの会見に臨み「前半のパー5を2つともボギーにしたのがもったいなかったですね。もう少し耐えられれば。ずっと風がフォローだったのもあって、どちらかというと、後半の方が攻めやすかったと思います」と初日のプレーを振り返った。

 勝みなみ(22=明治安田生命)は5オーバーの76、上田桃子(34)は4オーバーの75でホールアウトした。

 連覇がかかる渋野日向子(21=サントリー)は畑岡のホールアウトとほぼ時を同じくしてスタート。1、2番を連続ボギーと苦しい滑り出しとなっている。