【米女子ツアー】「マラソン・クラシック」初日 河本は3アンダー16位発進

2020年08月07日 11時42分

9番グリーンでコースを読む河本(ロイター=USA-TODAY)

【オハイオ州シルバニア6日(日本時間7日)発】米女子ゴルフの「マラソン・クラシック」初日(ハイランド・メドウズGC=パー71)、今季から米ツアーに本格参戦している河本結(21=リコー)は3バーディー、ボギーなしで、3アンダーの16位で発進した。

 前週の「ドライブ・オン選手権」で一時、首位に浮上するなど最終日まで優勝争いを繰り広げた。好調キープの河本は「ドライバーの調子が悪く、木に当てたりしましたけど、しのぐパーパットを決めることができた。ホッとしています」と初日を振り返った。

 右の鎖骨と肩に痛みがあり「ショットはうまく打つことができなかった」という。それでも「数少ないチャンスを生かせた。そこは自分の成長と感じています。(2日目以降も)良い気持ちで臨めるんじゃないかな」と上位進出を目指す。

 野村敏京(27)は2バーディー、1ボギーの1アンダーで42位、山口すず夏(20=環境ステーション)は2バーディー、4ボギーの2オーバーで104位。リディア・コ(23=ニュージーランド)らが7アンダーで首位に立った。