【NBA】八村塁が今季初出場で6得点3リバウンド「みんなと一緒にプレーできて本当に幸せ」

2022年01月10日 12時47分

八村塁(東スポWeb)
八村塁(東スポWeb)

 米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁(23)は9日(日本時間10日)、敵地で行われたマジック戦で今季初出場を果たした。チームは102―100で競り勝ち、20勝20敗とした。

 ウィザーズでの出場は昨年6月2日にフィラデルフィアで行われたプレーオフ1回戦の敗戦以来。第1クオーター(Q)途中からコートに立つと、14分9秒のプレータイムで6得点3リバウンドをマーク。第2Qや第3Qには豪快なダンクを決めるなど見せ場をつくった。米紙「ワシントンポスト」によると、八村は「最高だった。この瞬間を待っていた。少し休まなければならなかったけど、コートに戻って、みんなと一緒にプレーできて本当に幸せ」とコメントした。

 八村は個人的な事情で開幕前のキャンプを欠席するなど、チーム合流が遅れていた。試合出場まで慎重な調整を続けてきた中、調子を上げつつあるのはチームにとってもも大きい。この日の試合前まで4戦3敗だったが、八村が起爆剤となって白星を積み重ねることができるか。ウェス・アンセルド監督は「今日はアグレッシブにプレーしてくれた。彼は私たちに欠けているフィジカルを与えてくれると思う。今後が楽しみだ」と期待した。

関連タグ: