ここが変だよ「牛の生レバー提供」への対応

2017年12月06日 07時10分

「レバ刺し」が禁止になって残念がる人は多かった(写真はイメージ)

 牛の生レバーを客に出した兵庫県の焼き肉店経営者が逮捕される事件が起こった。5年前の法律改正以来、牛・豚のレバ刺しは“禁制品”になったが、うまい食べ物は忘れられないのが人情。客の需要に応じて“闇レバ刺し”を出す店はなくならない。しかし、今回の事件によって重大な“不公平”の存在が発覚した。同じようにレバ刺しを提供しても、警察が動くか保健所が動くかで、処分が大幅に異なるというから驚きだ。

 加熱の必要を伝えずに牛の生レバーを客に提供したとして、兵庫県警生活経済課は4日、食品衛生法違反の疑いで同県加東市の焼き肉店経営の男(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月21日と11月9日、客計5人に牛の生レバーを提供した疑い。男は「焼いてくださいなど注意することなく牛の生の肝臓を出したことに間違いない」と容疑を認めているという。

 同課によると、夏に一般市民から通報を受けて捜査を開始した。

「これがホンマやったら大変や。捜査員が客として行った。そしたら向こうから『今日はユッケと生レバーと馬刺しがあります』と案内してきた。『えっ? 生レバーって牛?』と聞いたら『そうです』と」(同課)。店側は「SNSにアップするのはやめてくださいね。うちはなんでも置いてますよ」と話して、レバ刺し数切れとゴマ油の小皿を「焼く必要はないよ」と言いながら出したという。

 これが9月のことで、メニュー表に記載のない裏メニューのレバ刺しは1人前800~1000円だった。食べずに持ち帰って鑑定に出すと確かに「牛の生の肝臓」と判明。11月にも再訪して常習性を確認したうえで逮捕に至った。

 食中毒で死傷者が出た事件を機に2012年7月に法改正されたことから、牛の生レバーは販売禁止に。しかし、数年前まで当たり前に食べていた好物を「やめたくない!」と思う人は少なくない。「牛のレバ刺しをこっそり出す店がある」とは、焼肉愛好家の言葉を借りずともみな知っている公然の秘密だ。

 今回の鑑定結果では、幸いO157やサルモネラ菌などは検出されなかった。直接の被害者が不在の事件だ。

 ところが、同じようにレバ刺しを秘密で提供していた店の経営者でも、逮捕されないケースがある。どういうことか?

 今回の事件について、9月に警察への情報提供を行った加東健康福祉事務所の食品薬務衛生課によると「この店がこれまで何か問題を起こした記録はない」という。同事務所の管轄地域で法改正以降、牛の生レバー提供の問題が起きたのは「知る範囲では約1年前、2016年に1件だけあった」と明かした。

「匿名の情報提供がこちらに電話で寄せられ、飲食店に立ち入り、営業者に行政指導(文書指導)した」

 いわゆる「厳重注意」である。その店でも食中毒などの被害はなかった。人間への実害がない限り、レバ刺しを何度提供しても「保健所から営業停止や営業禁止などの行政処分を与えることはできない」のだ。

 つまり、生レバー提供の通報が警察にされるか、保健所にされるかで、飲食店の未来には天と地の差が生まれる。

 食品薬務衛生課は「警察に逮捕されてから初めて行政処分をすることになるので、今回の店は営業停止か無期限の営業禁止処分になる。警察に逮捕されると全然違うわけだ」とする。

 県警生活経済課は過去のこの「1件」について把握していなかった。「そんなことがありましたか。事実自体は同じですからね。う~ん、どこに通報するかで、というのはありますねぇ」と語ったが、不公平感は拭いきれない。