【参院選】維新・松井一郎代表 公示後初の東京初遊説でヤジの洗礼「大阪に帰れ!」

2022年06月28日 18時32分

海老沢由紀氏(左)の応援演説を行った維新・松井一郎氏(東スポWeb)
海老沢由紀氏(左)の応援演説を行った維新・松井一郎氏(東スポWeb)

 日本維新の会・松井一郎代表(58)は28日、参院選(7月10日投開票)の公示後、初めて東京に入り街頭演説会を開いた。

 来年で政治家引退を表明した松井氏は、今回の参院選が代表として迎えるラスト選挙だ。ところが選挙カーに上がり遊説を始めた途端、「大阪に帰れ!」とヤジの洗礼に見舞われた。

 松井氏は「今、ありがたいヤジをいただきましたけどね。ちょっとまだ、大阪に帰るわけにはいきません」と気丈に振る舞った。

 今では大阪で強固な岩盤支持層を持つ〝維新王国〟のトップリーダーとなった松井氏。参院選の情勢はどこの調査でも自民党圧勝ムードが伝えられる中、維新の存在をこうアピールした。

「われわれが大阪で実績を積み上げきたことは、日本中で通用する。自民党と真正面から対峙できる野党第一党のスタートラインに立たせてください。そうすることでこの国を昭和のままの税金の使い方から見直します」

 同党は参院選東京選挙区(改選6)から海老沢由紀氏を擁立した。中盤戦の情勢調査では「最後の議席を共産党候補者と争う接戦です」(選挙プランナー)と分析されている。

 松井氏は「海老沢さんは根性が据わっています。次の世代の日本を変えたいという強い思いがあります。どうか皆さんの貴重な1票をよろしくお願いします」と聴衆に向かって支持を訴えた。

【関連記事】

関連タグ: