FW浅野拓磨が〝勝訴〟! パルチザンに未払い分給与約6400万円の支払い命令 地元紙報道

2022年06月28日 11時53分

浅野拓磨(東スポWeb)
浅野拓磨(東スポWeb)

 国際サッカー連盟(FIFA)がセルビア1部パルチザンに対して昨季途中に退団した日本代表FW浅野拓磨(27)の給与未払い分、約45万ユーロ(約6400万円)の支払いを命じた、とセルビア紙「ダナス」が伝えている。

 2019年にパルチザン入りした浅野は21年5月に給与未払いなどを理由にクラブと契約解除し、電撃退団。同年6月に現所属となるドイツ1部ボーフムと契約を締結した。対するパルチザンはシーズン最中の契約期間中にもかかわらず、一方的に退団した「契約不履行」と主張。さらに本来ならば新加入したボーフムから移籍金を得られたとしてFIFAへ提訴していた。

 同紙によると、FIFAは浅野サイドの主張を認め、パルチザンに未払い分の給与45万3281ユーロに加えて5パーセントの利子の支払いを命じたという。「浅野がパルチザンを相手にした訴訟で勝った。FIFAは彼に有利な判決を下した」と報じている。

 その一方で地元メディア「KURIR」は「パルチザンが浅野に45万ユーロを支払うという情報は真実ではない」とし、同クラブ側が「最終的な決定ではなく最初の評決。メディアの臆測」との見解を示したと指摘し、パルチザンはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴の手続きを行ったという。

関連タグ: