伊代表GKドンナルンマがパリSG入りで合意も1年目はレンタルへ

2021年06月03日 11時19分

ジャンルイジ・ドンナルンマ(ロイター)

 イタリア1部ACミランと6月末で契約満了となる同国代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)がフランス1部パリ・サンジェルマン入りで合意したと、英紙「サン」が報じている。

 ドンナルンマは移籍金なしのフリーで加入するが、パリSGはコスタリカ代表GKケイロス・ナバス(34)と契約を延長しているため、コンスタントに出番が得られる保障がない。そこで「最初のシーズンは彼をイタリアに貸与することに合意した」とし、引き続き母国でプレーすることになるという。

 同紙はドンナルンマが欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場を希望しているとし、来季出場権を持つ、インテル、ACミラン、アタランタ、ユベントスの名前をあげているが、いずれも加入は難しい見通し。また、CLには出場しないローマのジョゼ・モウリーニョ監督(58)が加入を切望している。

 さらにスペイン1部バルセロナが正GKとして興味を示し、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティーがドンナルンマに関心を示す可能性があるとしており、引き続き、今後の動向が注目されそうだ。

関連タグ: