【JFL】カズ加入の鈴鹿 八百長問題で「Jリーグ百年構想クラブ」条件付き資格停止…J3昇格窮地に

2022年02月28日 20時15分

Jリーグの村井チェアマン(東スポWeb)
Jリーグの村井チェアマン(東スポWeb)

 Jリーグが28日に理事会を開催し、日本フットボールリーグ(JFL)規律委員会から鈴鹿で懲罰対象となる行為が発覚したとの報告を受け、Jリーグ百年構想クラブ資格について解除条件付き資格停止とすることを発表した。

 鈴鹿の問題を巡っては、昨年12月にクラブで執行役員を務めた塩見大輔氏が自身のツイッターで八百長を持ちかけられたと告発。対して鈴鹿は塩見氏から要求された2500万を支払い、その後さらに5000万円を要求されたことを公表して騒動になっていた。

 この件を調査していたJFLの規律委員会がこの日「懲罰の対象となりうる行為が発覚した」と発表。これを受けてJリーグは、Jリーグ入会を目指すクラブに必要となってくるJリーグ百年構想クラブ資格を解除条件付きで停止すると表明した。今後はガバナンス体制の改善や、ステークホルダーからの支援継続が実践されていると判断されれば停止措置は解除されるが、鈴鹿が来季J3に昇格するためには6月の理事会までに資格停止が解除される必要がある。

 鈴鹿はJリーグ入りを目指して今季はFW三浦知良(55)が入団して大きな注目を集めており、J3昇格へ向けて条件となる「JFL4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2位以内」を目指している。しかし、今回の八百長疑惑はサッカーの根幹にかかわる問題で、さらにクラブ側が金銭の要求にも応じたことは重大な事案。短期間で資格停止の解除に至るかは不透明で、カズやチームが目標に掲げるJ3昇格は暗雲が垂れこめてきた。

 Jリーグの村井満チェアマンは理事会後の会見で「課題が解決されるか見極めた上で、われわれとしては判断していく」との見解を示したが、鈴鹿は窮地に追い込まれそうだ。

関連タグ: