【WWE】中邑真輔はまたもMITBラダー戦予選で敗退 戸澤陽は最初に脱落

2022年06月29日 13時13分

中邑真輔(左)はAJスタイルズとコーナーで攻防を展開(ⓒ2022-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)
中邑真輔(左)はAJスタイルズとコーナーで攻防を展開(ⓒ2022-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

【テキサス州ラレド発】WWE・ロウで、中邑真輔(42)がまたも「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」(7月2日=日本時間3日、ネバダ州ラスベガス)のMITBラダー戦出場を逃した。

 MITBラダー戦で天井からつるされた契約書入りのアタッシェケースをゲットすれば、いつでもどこでもWWEユニバーサル王座に挑める権利を得られる。王者ローマン・レインズへの挑戦をもくろむ中邑は前回スマックダウンでサミ・ゼインとのMITB予選に臨んだが、まさかの逆転負けを喫した。今週のロウでは戸澤陽(36)とともにMITBラダー戦予選バトルロイヤルに出場し、本戦出場に再チャレンジした。
 
 序盤、中邑はジンダー・マハルやトマソ・チャンパと攻防を展開。しかし、戸澤は〝インドの新怪人〟ヴィア・マハーンに場外へ投げ飛ばされて最初に脱落してしまう。中盤には中邑が新日本プロレス時代からのライバル、AJスタイルズにエプロンまで追い込まれながらも最後の6人に残った。

 AJからドルフ・ジグラーに矛先を変えた中邑は、コーナーに上がったジグラーに強烈なジャンピングハイキックを叩き込んだ。ジグラーは場外に転落し失格。勢いづいた中邑はタッグパートナーでもあるリドルと対峙し、パンチの打ち合いからスピンキックを放った。ロープ際に追い込まれたリドルに走り込んでキンシャサ弾を狙うも、これをかわされて場外へと放り投げられた。

 中邑は何とかエプロンに立ったが、リドルのオーバーヘッドキックを浴び場外に落ちてしまい無念の脱落。またしてもMITBラダー戦出場の権利を逃した。

 バトルロイヤルは隠れていたミズと一騎打ちとなったリドルが、エプロンで相棒ランディ・オートン譲りのRKOを叩き込んでバトルロイヤルを制した。リドルが出場するMITBラダー戦が行われる「マネー・イン・ザ・バンク」は、日本時間7月3日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ: