【WWE】大爆発の有観客ツアー一発目にサレイも思わず「凄すぎる…」

2021年07月17日 15時06分

大観衆の前に姿を見せたビンス・マクマホン会長(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
大観衆の前に姿を見せたビンス・マクマホン会長(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【テキサス州ヒューストン16日(日本時間17日)発】WWEの有観客ツアーが再開され、スマックダウン大会が同地のトヨタアリーナで開催された。

 新型コロナウイルスのパンデミックから無観客での配信を行ってきたWWEだが、4月の祭典「レッスルマニア37」を有観客で開催し、成功。そして今回からスマックダウンも有観客で行われることとなり、大観衆が詰めかけた会場は試合前から興奮のるつぼとなった。すると試合開始前にビンス・マクマホン会長が会場を見回しながら現れ、感無量といった表情で「お前ら、今までどこにいたんだ!?」と叫び、歓声を大歓声に変えた。

 そんな興奮が冷めやらぬまま、第1試合がスタート。PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でユニバーサル王座戦を戦う王者ローマン・レインズと〝R指定の男〟エッジが6人タッグ戦で激突し、試合はエッジ組のレイがレインズ組のジェイに丸め込まれた。しかし両軍試合では収まらず大乱闘で、最後はエッジがスピアーでレインズを吹っ飛ばしてから鉄パイプを使ったクロスフェイスでタップするまで締め上げた。

 試合後には有観客再開を受けて各選手や関係者が喜びのコメントをする中、WWE・NXTでデビューしてから初めての有観客興行を目の当たりにしたサレイ(25)も自身のツイッターを更新。「Smackdown!! Awesome!! Rad!! Respectful!! Amazing!! Yeah!!」と興奮を隠し切れない様子で英語の投稿をしたあと、「WWE凄すぎる…」とコメントした。

 PPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間19日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ:
 

ピックアップ