【新日VSノア】清宮海斗が敗戦で号泣 武藤は「涙なんか涸れて出てこねえ」

2022年01月08日 21時45分

試合後、泣き崩れた清宮(東スポWeb)
試合後、泣き崩れた清宮(東スポWeb)

 新日本プロレスとプロレスリング・ノアの対抗戦(8日、横浜アリーナ)のダブルメインイベントⅡで、オカダ・カズチカ、棚橋弘至組に敗れた清宮海斗(25)はコメントスペースに姿を見せるも泣き崩れた。

 その清宮を「よくやった、よくやったよ、お前。頑張った!」とねぎらった武藤は、続けて「まだ始まったばっかりだよ。まだ今からだよ、お前」と続ける。一方で自らについて「俺だよ、次がないのは。今年60だよ。俺があのメインイベントにいていいのかどうなのか、自問自答しちゃうよ。ただ、新日本プロレス50周年ということで、俺も新日本プロレス育ちで。まあ、俺の新日本プロレスっていうのはアントニオ猪木だけど、猪木さんの教えは『常識なんてクソくらえ』ってことでね。ブチ壊せっていうふうに教わっているから」と語気を強める。

 その上で「俺もまだまだ清宮に負けてらんないよ。俺は涙なんか涸れて出てこねえよ、クソ!」と吐き捨てた。

関連タグ: