【新日1・5】ノア全選手がリングを占拠 拳王は不敵挑発「新日本が一番なのか? 全然一番じゃねえぞ」

2022年01月05日 18時49分

ノアの所属全選手がドームのリングを占拠した(東スポWeb)
ノアの所属全選手がドームのリングを占拠した(東スポWeb)

 新日本プロレス5日の東京ドーム大会に、プロレスリング・ノアが大挙襲来した。

 新日本とノアは8日横浜アリーナ大会で対抗戦を控えている。この日の第4試合終了後に突如として武藤敬司の入場曲「HOLD OUT」が流れると、武藤を先頭にノアの所属全選手が登場。ドームのリングを占拠した。

 マイクを握った清宮海斗は「新日本プロレス、新日本プロレスファンの皆さま、プロレスリング・ノアが1・8、横浜アリーナでケンカ買わせていただきます」と宣言。さらにGHCナショナル王者の拳王は「日本で一番の団体、新日本プロレスに、プロレスリング・ノアが来てやったぞ。日本で一番? この東京ドームの客席見ても、困ってんだろ? テメーらが困ってるから、プロレスリング・ノアが助けに来てやったぞ」と挑発的な言葉を並べ立てた。

 これに対し新日本からはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの鷹木信悟、高橋ヒロム、BUSHIが姿を現し応戦。「揃いも揃って何しにしやがった。新年早々、お前らもヒマだな。お前らがいくらあおろうと、背負うのはリスクのみだ。1・8横浜、こいつらと明確な実力の差をみせつけてやる」と宣戦布告した。

 姿を消した鷹木に対して拳王は「ケンカを売りに来たんだぞ? 逃げんのか? いいかおい、日本で一番の団体。新日本にメリットがない? メリットがあるから俺たちが来てやってるんだろ。いつまでも天狗になってんじゃねえぞ。そしてな、ここにいるテメエらもそうだ。新日本プロレスが日本で一番なのか? 全然一番じゃねえぞ。俺たちとプロレスのクオリティー、全然変わらねえんだよ。1・8横浜、プロレスの序列を覆してやるからな。いいか! 1・8、横浜アリーナ、俺たちプロレスリング・ノアが日本で一番のプロレス団体になってやるからな」と追撃。決して自身たちのクオリティーが上とまでは言い切らない絶妙なラインを突きつつ、対抗戦で両団体の力関係を逆転させることを予告していた。

関連タグ:

ピックアップ