【新日本】内藤 木谷オーナー推進の統一組織設立に「NO!!」

2020年04月27日 16時35分

内藤は焼き鳥をつまみに持論を展開した

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(37)が、ちまたで話題の「オンライン飲み会」に初挑戦だ。東京・足立区の実家で雌伏の時を過ごす制御不能男はその席で、興行の早期再開を願いつつも、親会社「ブシロード」取締役の木谷高明オーナー(59)が推し進める統一組織設立に異を唱えた。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新日プロは3月から興行を中止している。非常事態宣言の発令によりファミレス招集もままならない内藤に連絡すると「微力ながら『ステイホーム』のメッセージを発したい」と、オンライン飲み会形式での取材が実現。さっそく盟友のBUSHI(37)がオーナーを務める「丸武商店」で唐揚げを大量に買い込んでスタンバイしてくれた。

 実家に帰省中の2冠王者は「家でできる範囲のトレーニングはしてますが、あとはゴロゴロばっかりしてます。そろそろ(父の)賢一さんの視線も痛くなってきたね」と近況を報告。やはり大会再開が待ち遠しい様子だ。

 一方でマット界では新たな動きも生まれた。15日には新日プロなど7団体が馳浩衆議院議員(58)に「簡易検査キットの早期普及」と「年間契約している選手の休業補償」を求める要望書を提出。その際に馳氏から統一組織設立を提案され、木谷オーナーが音頭を取ることを約束した。

 だが内藤は「本当に業界の発展のためにつくるなら俺は賛成ですよ。そして、もうとっくの昔にできてるんじゃないですか!? 窮地になったからつくる組織って、窮地を脱した後はまた問題が出てきそうな気がしますね」と指摘。さらに「思っていることを口に出したことは勇気のいることだし、素晴らしい行動だけど…」と前置きした上で、この時期の休業補償要請には難色を示した。

「プロレスという競技において『あきらめない』ってすごく大事な言葉。何度やられても歯を食いしばって立ち上がる姿をプロレスラーは見せてきたんじゃないの? 他の業界も同じように耐えているのに、プロレス界が最初に国に助けを求めるのはかっこ悪いですよ。こんな時こそ木谷オーナーには、あの言葉(トランキーロ=あっせんなよ)を思い出してほしかったかな」

 内藤から見れば他団体との団結の前に、まだまだ団体内で努力できる部分が残っているという。だからこそ「あれもこれもやった。もう打つ手がないってSOSならともかく、今の新日本はそうじゃないんじゃないかな。俺が出すアイデアを新日本が採用するとは思えないけど、お客様のために何ができるのかは真剣に考えていきたい」と訴えた。

 画面越しにはメロンソーダにしか見えないドリンクを飲み干した内藤は「オンラインだと食い逃げの心配もなくて、東スポさんも安心なんじゃないですか? ただし、唐揚げの代金はツケてもらったので、そこだけオーナー(BUSHI)と話し合ってほしい」と意味深な言葉を残して取材を終了。ビデオ通話後の記者のスマホには、BUSHIからの請求メールが届いた。