新日が“至宝”オカダ流出阻止へ2億円プロジェクト

2016年02月13日 06時00分

日本プロレス界のエース、オカダは海外進出を否定

 新日本プロレス11日のエディオンアリーナ大阪大会で、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(28)が後藤洋央紀(36)の挑戦を退け3度目の防衛に成功した。中邑真輔(35)のWWE移籍により新日プロが転換期を迎えるなか、レインメーカーが団体の未来を一身に背負う。一方、気になるのが今後の“海外流出”の可能性。本人は重大な責任を自覚しており海外挑戦を否定しているが、新日プロ側は業界唯一の20代スター流出阻止のため「特別プロテクト」を用意した。

 全身に白のペイントを施し鬼神のごとき格好で現れた後藤の猛攻にさらされた。昇天・改を浴びたが、オカダはロープをつかんで3カウントを逃れる。25分過ぎに強引にレインメーカーを打ち込んで逆転すると、そこから怒とうの3連発で激闘を制してみせた。

 1月4日東京ドーム大会で棚橋弘至(39)を撃破し新エースの座を確固たるものとした。直後には中邑、AJスタイルズ(38)とトップ選手が相次いでWWEに移籍。団体が激動期に突入した。レインメーカーは今やプロレス界盟主の未来を一身に背負う存在と言っていい。

 裏を返せば、この状況下でオカダまでもが海外に“流出”となると…新日プロはお先真っ暗という事態になりかねない。オカダ自身は「まずオファーが来てないですから、僕は」とした上で「行きません。理由? 僕がいないと(新日プロが)終わるから。中邑さんも僕がいるから行けたって分かりますし。気持ちとしては、中邑さんには二度と帰ってきてほしくないですよ。そのくらい成功してほしい」と、現時点では海外挑戦を否定している。

 とはいえ、新日プロとしては中邑、AJを獲得したWWEに上位概念が生まれつつある状況がすでに好ましくない。木谷高明オーナー(55)は「新日本がローカルでマイナーだと思われたくない。世界の2大リング制にしないといけない」と宣言。現時点での本人の意思にかかわらず、プロレス界唯一の20代スターの流出阻止は団体の至上命令となっている。

 まず、検討されているのが1980年代まで採用された複数年契約制度の復活だ。今回の流出劇を受け、新日プロは2月から外国人選手との契約を複数年制にシフトチェンジ。昨年12月に契約更改したオカダは単年契約だが、木谷オーナーは「4月にかけて提案する場を設けたい。『いくら払ってでも引き留めろ』というのがファンの総意だと思う」と5年契約を基本線とした緊急再交渉を希望した。

 さらに木谷オーナーは「詳しくは言えないが、オカダ選手を徹底的にスターにします。プロジェクトとして2億円レベルの話がある」と、リング外での知名度アップを目標としたプランも用意しているという。これは日本にいながら世界のスターを目指せる環境を整えるためで、オカダをそのモデルケースにしたい意向だ。

 試合後のリングでオカダは「先月辞めちゃった人が『一番すげえのはプロレスなんだよ』って言ってたけど…ちょっと違うな。一番すげえのは! 新日本プロレスなんだよ!」と絶叫し、中邑との“決別”を宣言した。あらゆる方面から未来を託された日本プロレス界の至宝は、全てを背負ってカネの雨を降らせ続けていく。