「クララが立った!!」頸椎完全損傷の高山善廣が立ち上がった姿を公開

2020年07月10日 18時05分

オフィシャルブログ上で立ち上がった姿を公開した高山善廣

 頸椎完全損傷で治療中のプロレスラー・高山善廣(53)の妻が10日、「クララが立った!!」のタイトルで高山の公式ブログを更新し、近況を報告した。

 ジムでリハビリを続けている高山。トレーナーに立たせてもらっている写真を投稿し、「久しぶりに立ってるパパを見た!うわー、この人、こんなに背が高かったんだわー!がっつり痩せてしまったので、よけいにヒョロヒョロ背が高く感じますよ。私は久しぶりに見下ろされました」とつづった。

 妻によると「私の身長は176cm。なので私を見下ろす男性はほとんどいません。ケガする以前は毎日見下ろされてたのに、なんだかもうすでに懐かしい感覚です。このジムで最初に立たせてもらった時は、前から1人、後ろから2人ががりで支えてもらって、満員電車の中で挟まれて身動きできないから、しょうがなくて立ってる人のようでした」という。

 また「今日はトレーナーさん後ろに2人。支えてもらってますが、時々離したり。おかげさまで少しずつですが、進歩しています」と回復の様子も明かした。

 最後に「いつの日かリングの上で立ち上がって、クララが立った!と皆さまに感動して欲しいそうです。それまで176cmのハイジもがんばります。実現しますように」と結んでいる。