プロレス殿堂が発足 今夏にはファンが集える常設会場も

2020年02月21日 16時35分

会見に臨んだ(左から)天龍、藤波、長州

 日本プロレス界の悲願だった「ホール・オブ・フェイム」がついに実現する。日本プロレス殿堂会実行委員会が「日本プロレス殿堂会」(東京スポーツ新聞社特別協力)と「同サポーターズクラブ」を発足すると発表。今夏には都内に常設会場を構える計画も明らかになった。業界最大の課題だった保障制度を目標に見据え、参加メンバーが一丸となって大事業に取り組む。

 運営はミスタープロレスこと天龍源一郎(70)の愛娘で天龍プロジェクト代表の嶋田紋奈氏(36)、革命戦士・長州力(68)の義理の息子・池野慎太郎リキプロ代表取締役(32)、そして今なお現役を続ける炎の飛龍・藤波辰爾(66=ドラディション)の長男でプロレスラーのLEONA(26)による「二世会」が中心になる。

 昨年夏から偉大なレジェンドを父親に持つ3氏による話し合いが行われ、功労者をたたえて現役選手の引退後の保障を目指せる組織はできないかとの議論を重ねた。その結果「日本にプロレスという文化を伝承してきたレジェンドをたたえ、現在活躍する選手の引退後の保障などを中立的に支持できる組織をつくりたいという考えから、殿堂会の発足を決意するに至りました」(嶋田氏)。

 すでに新日本プロレス、全日本プロレス、大日本プロレス、DDT、ドラゴンゲート、プロレスリング・ノア、2AW、W―1など国内ほとんどの団体が賛同の姿勢を見せており、個人としては燃える闘魂ことアントニオ猪木氏(77)、故ジャイアント馬場さん(享年61)の肖像権を管理する株式会社HJ.T.Production代表取締役の緒方公俊氏(32=馬場さん夫人の故元子さんの又甥)も賛成。つまり「天下のBI砲」が、ついに再び同じ場で肩を並べるわけだ。ここに天龍、長州、藤波ら豪華な顔ぶれが加わる。

 さらに嶋田氏は、本紙に「今夏に都内に常設会場を設置する予定です。レジェンドやファンのみなさん、そして現役選手が集える場所にできればと存じます」と極秘プランを明かした。まずは「プロレス展」を開催する方針で、記念すべき第1回には「アントニオ猪木写真展」(場所日時は後日発表)が決まっている。将来的にはレジェンドへの報酬、現役選手に対する保障制度の確立を目指す。

 天龍は「保障制度の問題は先輩方々が取り組んで実現できなかった。僕らの次の世代で完全に確立できるよう力になりたい」。長州は「昭和の時代から何度も立ち上がっては立ち消えになった企画。それを自分らの子供たちが実現に動いているという事実は感慨深い。背中を支えたい」と笑顔で支援を約束し、藤波も「日本プロレス界にとって大きな貢献ができる組織だと思います」と話した。日本プロレス界の新たな転換点となるか。

 20日の会見終了後から殿堂会のユーチューブチャンネル、フェイスブック、ツイッターが開始された。22日正午には「日本プロレス殿堂会サポーターズクラブ」ホームページを開設し、サポーター会員を募って運営資金、将来的な保障制度の基礎に充てる方針。会員特典として豪華なオリジナルコンテンツが用意されている。詳細は「プロレス殿堂会」で検索を。