【話題の現場】こだわりの飲食店で“本物”を味わえる「GICROS GINZA GEMS」

2020年01月15日 10時00分

テラス席もある「グレイルーム」

 東京・銀座の一等地にニュースポットが誕生し、話題を呼んでいる。多くの人々が往来するみゆき通りと外堀通りが交差する地に誕生した「GICROS GINZA GEMS(ジクロス ギンザ ジェムズ)」だ。

 宝石を意味する「GEMS」シリーズは、野村不動産が手掛ける、主にこだわりの飲食店を集積させた都市型商業施設。首都圏、関西圏で15棟を展開しており、本物の価値を求める大人たちに人気を博している。

 市松模様をモチーフにした外観は、実に個性的。角地の特性を生かして、外壁を曲面で連続させ、窓を市松状に配置することで存在感を放っていて、遠くからでもよく目立つ。

 地下1階、1~2階の3フロアはゴルフ用品販売「テーラーメイド」の旗艦店で、3~11階の9フロアに10店の飲食店が入っている。

 10~11階の「スパイスラボトーキョー」と「グレイルーム」は、日本人が持つインド料理の概念を覆すモダンインディアンキュイジーヌのレストラン&バー。日本通のインド人夫妻が、インドの“今”を料理を通して体験できる場として4年以上の歳月をかけて日本初上陸を果たした店で、アフタヌーンティーから、コース料理、インディアンスパイスを使用したカクテルなどを、ラグジュアリー空間で堪能できる。

 一方、カウンターで1人で気軽に飲めるのが、6階の焼き鳥「銀座 希鳥」と串揚げ「串亭 銀座」。

 前者は、左官職人・久住有生氏の手による土壁が、包み込むように落ち着いた空間を演出する、大人の隠れ家。こだわり抜いた「みやざき地頭鶏(じとっこ)」の焼き鳥を、ワインと楽しめる。後者は、フォアグラや黒毛和牛をはじめとする厳選された食材を、「おきまり」と「おまかせ」の2つのスタイルで味わえる。

 両店ともに目の前で焼いて&揚げてくれるカウンター席が特等席なので、お一人様でも気兼ねなく入れるのが魅力だ。

 他にも、肉割烹「肉屋 田中」、米沢牛専門店「米沢牛 上杉」、サンフランシスコ生まれの点心専門店「ダンプリングタイム 点心専家」など、こだわりの店舗がズラリ。