写真の場面であなたならどうする? 何を切る? 下にある【答え】を読む前にまずは考えてみよう。

 僅差で2着目の南3局。トップ目で親の岡田が3索を暗カンしてリーチ。自分はカン7筒のテンパイで、8筒、7萬、6索、5萬は通した。次に持ってきたのは6萬…。

【答え=1索】押した、押した、そして引いた。対局も終盤、トップを争う僅差の2着目となれば、多少の無理は承知と突っ張り続ける雀士も多いだろう。ただ、牌の危険度が手に取るようにわかるトップ雀士は、素人目に「さっきは押したのに、こっちはオリ?」と不思議になるほど、きれいに放銃牌だけを止める。ネット麻雀で名をはせた渡辺太(ド)のビタ止めは、雀力の高さが凝縮した判断だ。

 トップ目・岡田紗佳(サ)とわずか400点差の2着目で迎えた南3局。岡田の親番でもあり、なんとか流してオーラスを迎えたいところだったが、先制リーチを打たれた。3索の暗カンもあることで、放銃すれば大量失点のピンチ。河を見ても「東の対子落としが入っており良形率も高そう。押したくない要素も多い」が、かといってそのままツモアガリを許すようでは、トップ率まで激減すると限界まで前に出た。

8筒、7萬、6索に続き5萬もプッシュ
8筒、7萬、6索に続き5萬もプッシュ

 渡辺自身は愚形テンパイ、アガっても1000点だったが「競っている相手のアガリをつぶせる価値は常に高く見ている」と、カン7筒ながら無筋の7萬、片筋の5萬は押した。自身のツモアガリだけではなく「私に安い手を放銃した方がマシと判断して、日向選手や寿人選手から7筒がこぼれる可能性もゼロではないと思っていました」と、小さな期待もかけていた。

 ただし6萬には、さすがに電流が走った。「両面で当たる筋が2・5筒、3・6筒、3・6・9萬の4本しか残っていませんでした。そのうち2本をまたぐ6萬はさすがに押さない方がよい。仮に前巡の5萬が6萬だったとしても止めていた」と、超危険牌をそのまま手の内に収めた。

この6萬は切らず、1索を選択
この6萬は切らず、1索を選択

 読みは的中、岡田は3・6萬待ちで、まんまと放銃回避。それでも渡辺は「これが最初の無筋で放銃になってしまうことも今後出てくると思います。それでもギリギリの押し引きをしていくのが自分のスタイルなので貫いていけるように頑張りたいです」という。穏やかな顔立ちの渡辺だが、内には熱いものを秘めていた。

その時の岡田紗佳の手
その時の岡田紗佳の手